実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

おたま部隊上陸

 裏庭の虫退治部隊候補生として、春にやってきたオタマジャクシたち。暖かくなって足が出て手が出てカエルの顔形になってきました。カメのプラ船にいる部隊は自分で上陸するでしょうが、睡蓮鉢分隊は上がれないといけないので、網ですくってカメ船に移しました。そのうち「もうすぐカエル」状態のチビたちを撮影しようとお惣菜パックに隔離しました。
 
 …が、「ほとんどカエル」な人々は「私達もうカエルですから」と撮影中にどんどん出て行ってしまいました。
a0044136_10352419.jpg

上が「もうすぐカエル」なオタマ。下が「まだ尻尾が残っているカエル」。 

不思議なのは、オタマジャクシよりカエルになった後のほうが小さい、ということ。丸々と福々しいオタマに手足がついてそのまま一丁上がりということではなく、身体のほうも別物に変身しているのですね。大きいオタマから小さ~いカエルになって旅立っていきました。

 
[PR]

by cuora | 2006-06-04 10:35 | 両生類 | Comments(11)
Commented by yasan at 2006-06-04 12:59 x
このオタマは何のオタマなんですか??
最近はオタマジャクシを見かけることも少なくなり、ましてカエルの姿もみなくなりました。子供の頃にはよく爆竹をカエルの・・・・・
ホントに悪いことをしてたんやと反省!!
Commented by すず at 2006-06-04 15:11 x
cuoraさん、こんにちは!
いいなー、カエル!庭にはカナヘビ、アオダイショウは来ますが
カエルは来た事がありません。ちょっと離れたとこに田んぼはあるん
ですけどねぇ。以前は庭にいたら、チョウゲンポウとぶつかりそうに
なったこともあるような田舎です。(キジの夫婦も走ってるよ~;爆)
やっぱりお連れしないとカエル来てくれないかな。
yasanさま、初めまして!
私もオタマジャクシで遊んだり、悪い事を沢山してきましたよ~。
ワニのおもちゃに食べさせたり(うわー、今考えるとこわっ!)
缶にミミズをぎっしり集めたり(以下省略)
Commented by cuora at 2006-06-04 16:09
 どうも夏風邪が治らず7度ちょっとの一番ダルいところで発熱がとまっております。へそを出して寝たらあきませんね。それはさておき

yasanさん…なにガエルでしょうかねぇ(カエルは同定できません)。近所の悪ガキの獲物を一部まきあげたんですわ。虫カゴをぶらさげた子供を見るとつい聞いてしまうクセがあります「何がとれんの?」と(笑)。たまに「ダンゴムシ」という地味な返事も…。1年でカエルになったのでウシガエルでないことだけは確かです(ヨカッタ)

すずさん…庭にカナヘビ、アオダイショウですか?そのほうが大物ですよ。うちにカエルが自然に来るのは、ひとえに裏の保育園のビオトープもどきから発生してくるので、自然が多いためではありません。キジはたまーに見ます。案外人里にいるみたい。あ、私、子供のときにそういう遊びをしたことがないんですよ。母がやかましいオカンだったので。その反動で、今生き物まみれになっているのです。
Commented by kabamii at 2006-06-04 19:37
下の子の方が、成長しているって事だよね??
へ~!カエルになると小さくなるんだ。っていうかオタマって
思ったよりでかくなるんだね。
子供の頃、用水路にへばりついてるオタマのタマゴを棒でいじった
ことはあるけど・・・(やらないとハチになるからね)実は苦手だった(汗)
Commented by tiaraupa at 2006-06-04 21:57
あぁ~可愛いなぁ~!
アマガエルのオタマを飼ってた頃を思い出すなぁ。
「もうすぐカエル」さんは、くびれも出てきてますねー。
不思議と昆虫とかも、幼虫時代の方が大きいですよね。
カブトムシとかもギョエ~な感じだし・笑
Commented by cuora at 2006-06-05 08:59
かばみーさん…ちゃんとおたまを飼ったのは、この年にして初めてだったのですが、大きくなるもんですよ!メダカみたいに小さい印象があったんだけどね。ところでハチになるって?蜂?そんなわけないわね。

ティアラ姉さん…ということは、うちのはアマガエルではないのでしょうか?そういえば!カブトムシの幼虫は、どうもダメでした。好きになろうと努力してみたのですが。近所の爬虫類屋さん、一般的に見て気持ち悪い種類が好きなのに、ジャイアントミルワームとカブトの幼虫はどうしてもダメで、ジャイミルとカブトムシは扱ってないとか(意外とそういうものなのね・笑)
Commented by kabamii at 2006-06-05 21:02
あ、ハチって知らなかった?ごめーん。方言かな・・・??
村八分のハチ。この場合、やらないと仲間はずれにされるからっていう
意味で書いたよ。使ったことない?やっぱり方言かっ?
普段も会社で、標準語だと思って使った言葉が伝わらなかったりするのだ。金沢弁と混ざってるカバ弁だから(汗) 気をつけるよぅー!ごめん!
Commented by パクパク at 2006-06-05 21:48 x
結構小さいオタマなのかな?
ウシガエルのオタマは気持ち悪いほど大きくなります。
それに引き替え、ヒキガエルのオタマはかなり小さいみたい。
小さいオタマだと色が出ないと分からないね~
Commented by cuora at 2006-06-05 22:32 x
かばみーさん…子供どうしの「お付き合い」って結構大変だったね(笑)。トイレまで一緒に行ったり買った漫画雑誌を貸し借りしたり。男子はどうだったんだろ?

パクパクさん…え…ヒキガエル?(冷や汗)…上陸していったカエルたちは、小指の爪ほどで、こげ茶色でした。これだけの情報でヒキガエルかどうわ、分かる?(冷や汗たらたら)。一応おたまの比較図が出ている本は見たんだけど、1種類しかいないと、どれに該当するのか、怪しいのが何種類もおって分からなかったよ。
Commented by munpun at 2006-06-06 18:07
アマガエルのオタマは、カエルになりたては真っ黒でしたよー。
一応、参考になれば。。^^
Commented by cuora at 2006-06-07 09:05
ティアラ姉さん…アマガエルも最初は真っ黒なんですか?知らなかった~裏庭部隊はどんどん上陸しているようです。その後の消息は、分かりません。
<< タカチホヘビ 継続的万年主義 >>