実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

動物を飼うということ

 先日テレビをつけたら、人工哺乳で育てられたホッキョクグマ「ピース」と飼育係さんのドキュメンタリーを放送してました。肝心の哺乳のシーンはもう終わっていたのですが、思わず真剣に見てしまいました。

 ピースが大きくなってきて、動物園からピースと直接触れ合ってはダメと言われた飼育係さん。勿論園長だって、無類の動物好きに違いないが「飼育係を傷つけてしまったら、ピースは人を傷つけたクマというレッテルを貼られて生きることになる」という。

 そして、他のホッキョクグマを知らないピースを、他のクマと暮らさせるため、まずは生みの親と檻越しにご対面させる。ところが、ピースにはそれがとてもストレスになってしまう。

 原因は分からないのだが、ピースは癲癇の発作を起こすようになり、飼育係さんはピースのシアワセとは何なのかをもう一度考えさせられることに。

 人間の目から見て幸せかどうかにこだわりすぎた、その動物自身が幸せと感じているかどうかを考えなくてはいけない、というようなことを飼育係さんは言っていた。

 生まれた時から仲間と切り離されて人間の社会で生きる動物、それは動物ではあるけれど野生ではない。その幸せは野生を模倣しても得られるものではない、というような意味だと思った。

 動物を飼うというのは「人間の業」だというようなことを荒俣宏さんが書いていた。その業には、とても大きい責任がつきまとうのだなぁ…と思った。
[PR]

by cuora | 2006-04-18 13:35 | その他 | Comments(4)
Commented by kabamii at 2006-04-18 19:56
ピースちゃんはどうして人工哺乳だったんでしょうね。親の育児放棄?
それを助けて育てた飼育員さんの気持ちを思うと切ないです。
じゃあ、もしクマじゃなくて人を傷つけない動物であればどうなんだろう??
ウチのどらは、幸せかなあ・・・
Commented by cuora at 2006-04-19 09:06
かばみーさん…前半を見逃してしまったんですが、親の育児放棄らしいです。オトナになった今は体重が300キロくらいあるそうです。個人で飼っているんじゃないから、と飼育係さんは言ってました。個人で飼っているなら「自己責任」で済むんでしょうけど。
 どらちゃん?どう見てもシアワセでしゅという顔してますけどぉ(笑)
Commented by kabamii at 2006-04-19 20:24
うわーい♪母さんがそう言ってくれるなら、どらって幸せなのかなっ(*^o^*)

ピースちゃんは300キロもあるんだ!!( ゜_゜;)
それじゃあ、傷つけるつもりがなくてもケガもありえるし、クマ同士で暮らした方がよいかもしれない・・・

PS 今週末に例のエリマキトカゲ送るつもりです。
受け取り拒否しちゃダメよ♪(笑)
Commented by cuora at 2006-04-20 12:01
かばみーさん…エリマキトカゲ、本当に折ってくれたんですねーぶたこちゃんのお友達。ありがとー楽しみに待っているよ。
<< 一見清楚な白雪姫 多肉植物もおもしろい >>