実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

園芸は闘いだ!(うげ~)

 うちの狭い庭に所狭しと植えた庭木にも、にわかに新芽が出てきました。小さい苗木だったイタヤカエデ、今は私の背より高い。ただ、ものすごい日陰に植えたせいで新陳代謝が悪く、新芽が出てきたというのにまだ枯葉がところどころ残っていた。これはいかんと手でむしろうとして「うんむぎゅわっっ」と私、また絶叫してしまいました。

 木全体の枝という枝の下側に、不気味なイボイボのカイガラムシらしきものが、何千匹もついているではないですか。そういえば冬の間に、白いわっか状のワタのようなものが一杯ついてしまって、何かの虫の卵だとは思ったのですが、何も入ってないようだったので「孵化したあとの抜け殻」だと思い、寒かったので(をいをい)そのままにしていたのです。あれは、あのとき取っておかないといけないシロモノだったのです。

 慌てて検索に走ると、それはワタヒキカイガラムシというカイガラムシであると判明。そばにメダカの入った睡蓮鉢があるため殺虫剤は使えないので、ハブラシで擦りとることにしました。後回しにするとさらに分散しそうだったので、即実行。

 はっきり言います。後悔しました。園芸なんていうものに手をそめたことを(ゆーきちさん、貴女の選択は正しいです)。ハブラシで擦るとパラパラと落ちる音がするのが死ぬほど気味悪いのです。さらに高いところを擦ると腕にかかって服にヤニがつくのです。

 ターシャ・チューダーを夢見て、現実は裏庭でカイガラムシまみれです。嗚呼、日当たりと通風のいい庭がほしいよ。

a0044136_10472667.jpg
お口なおし…石のカエル。苔むしてほしくないものは苔が生えますが、コケむしてほしいものには生えません。
 しかし、色々と探しているうちに、世の中にはやはりワタヒキカイガラムシを愛している人もいるということが分かりました。そういう人が検索して、この日記を読まないことを祈ります。

a0044136_10444529.jpg
お口なおし…クリスマスローズの花。この最悪な環境の庭で健気に咲いてくれてます。

[PR]

by cuora | 2006-03-26 10:47 | 植物
<< 帰ってきたション太郎 ボカぁ君といるときが一番シアワ... >>