実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うちの顔ぶれ 其の四 猫の部其の三 ガビ

 捨吉が去って1週間。ある夜、外から「うあおーん」とひときわ大きい子猫の「叫び声」が聞こえてきたような気がしました。「捨吉がいなくなって寂しさのあまり幻聴か」とも思いましたが、そのものすごい声は止みません。
 「ほんとに子猫だ!」と思った私はイソイソと(訂正:しぶしぶと)外に出てみました。すると、またもやY家の、捨吉を連れてきた子の親の妹夫婦とその子(つまりY家のもう一組の親子だ。Y家はそれはたいへんな大家族)がダンボール箱を囲んでしゃがみこんでいます。

「バス通りに子猫がフラフラ出て行ったんで、拾ってきたけど、どうしよう」と言うので、とりあえずうちで預かりましたよ。この頃には、もう拾い猫には慣れっこです。ハムスターほどの大きさの茶トラの子猫で、びっくりするような大声で泣き続けています。
a0044136_18423178.jpg
(何か企んでいるガビ蔵)

 捨吉がいなくなって寂しかった私とダンナは、同じ茶トラの子猫が現れたのが天の声のような気がして里親探しをする気もすっかりなくなり、即座に「この猫はうちで飼おう」ということになったのです。目やにで目がガビガビだったので「メクソン」と名づけ、その後「獣医でメクソンと申告するのは恥ずかしすぎる」という理由から「ガビ」になったのです。
 嗚呼しかし、同じ茶トラでも、捨吉とガビは大違いでした!あれは天の声ではなく、魔が差したというやつです。

 色々やらかしました。2階のベランダから室外機の上に落ちて肝臓強打(すごい音がしました)。大屋根まで登って降りられなくなり大騒ぎ。どこかでカギ尻尾の先をひっかけて中身がずるっと出てしまい尻尾の先っちょ切断(しかし血を出しながらも遊んでいた)。洗濯機の浮き球を全部食べて獣医いき(発泡ウレタンとスーパーのレジ袋が好物なので、サンダルの底やPC関連用品なども喰われた)。手先がとても器用で窓が開けられるので脱走は数知れず(一度は隣りの家の網戸をあけて侵入)。窓にストッパーをつけたら網戸を破って脱走。獣医が大好きで、注射されながら看護婦さんと遊んでいる。

 いくつになってもオトナにならず、子猫をしたがえて悪さをしています。大きいガキ大将のようです。子猫のうちは「ガビにぃちゃんって、すごい~」と尊敬の目で見られてますが、子猫も少し大きくなると「ガビにいちゃんって、バカかも」という目で見られています。

 そのわりに、家に誰かが来ると一番怖がり、宅急便のお届けでも気配を消します。脱走しても、たいていガレージの自動車の下で転がっているだけです。
a0044136_18443234.jpg

(時々ハーネスをつけて外に出ますが、たいていは転がっているだけです)

 近視なのかもしれませんが、いつも顔を前に突き出してまぶしそうな目で見ています(私に似ている)。毛並みがパサパサです。自分で手入れをしないからでしょうか。そして今でも、とても大声です。あの時のデカ声は地声が大きかったのです。子猫の頃、家の中で「お腹がすいたよぉ~ん。めしぃ~。うぁおぅ~ん」と鳴いているのを放っておいたら、向かいの家の人が表に出てきて「どこかで子猫が助けを求めてないているのよ」と植え込みを探していたくらい、大声です。

 まあその大声のおかげで見つけられて、轢かれずにすんだのですからよしとしましょう。

 そして、ガビの性格からして、捨てられたのではなく、調子にのって勝手に巣からフラフラ出て行って災難にあいかけたものと思われます。
 とにかくいまだに毎日のように、何かしらやらかすので、所在が分かるように、唯一オトナになっても首輪に鈴をつけています。
[PR]

by cuora | 2006-03-10 18:46 | | Comments(5)
Commented by すず at 2006-03-10 20:15 x
うわー、ガビにいちゃん、面白いですねぇー。
cuoraさんが大変そうなのに、本人(猫)はけろっとしてそうなとこが
とっても好きです(爆)
もしかしたら、ハリーポッターみたいな眼鏡が似合ったりして(^0^)
Commented by kabamii at 2006-03-10 20:22
ガビちゃん、すごいガキ大将ぶりですね~♪
シッポちぎりながらも遊ぶって・・・見ているこっちが痛そうだって(笑)
でも、手の掛かる子ほど可愛いって感じじゃないでしょうか?(=^・^=)
Commented by cuora at 2006-03-11 13:56
すずさん…獣医好きは犬ではたまにいるけど、猫では珍しいらしく病院では評判がいいんですよ。最近ちょっと中年化してきて、屋根には登らなくなったんですけど、窓開けはしょっちゅうでイヤになります。メガネ、黒縁にあうかも。

かばみーさん…壁のあちこちに血が飛んでいるので、びっくりしました。病院で「痛くないんでしょうか?」と聞いたら「痛いはずですが」と言われました。どうなってんねん。
 ま、可愛いんだけどさ(親ばか)
Commented by kazu at 2006-03-11 17:46 x
あぁっ!、手のかかるコ程可愛い...、『ちょっとバカじゃない?』と思うコ程『このコがウチのコで良かった』とか思う...。
そういうウチには、飼い犬の性格の矯正など、出来ません(笑)。
勝手に、親近感を感じるのでした(爆)。
Commented by cuora at 2006-03-12 14:33
kazuさん…話題にことかかないというか(笑)。うちのダンナはガビ蔵がお気に入りです。「おもろいやん」と一言。まあ「猫もかすがい」で夫婦の食卓に笑いを提供してくれてます。でも、ガビ蔵は「手がかかりすぎ」かも。
<< ワタシ的理想の休日 神戸花鳥園 とうとうオープン >>