実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うちの顔ぶれ 其の二 猫の部其の一 宇治

 今うちにいる猫は、宇治、グリコ、ガビ、ビスコ、バブ、海老蔵の6匹。そのほかよそにもらわれていったのは捨吉、パピコ(デビコ)の2匹。うちでは、猫は何かにつけて年の順ということになっていますので、 やっぱりまず宇治(通称「宇治どん」♂6歳)でしょう。

 一言でいうと「いいひと」。友達になるなら、こういう人がいいです。

 今の家に引越してきてすぐ、密かに「今まで飼えなかったけど猫も飼えるわねー」なんて目論んでいたある夜、玄関先に現れてダンナの足に登ってきた必死の子猫。現実には猫という生き物を触ったことさえなかったワタクシ、「棚からボタモチ、むこうから猫」とおおいに喜ぶ反面、おおいにうろたえました。猫風邪で目はあるのかないのかグチャグチャ、顔の毛はハゲちょろけて地肌丸見えだし、鳴き声は「うぢぃ~」だし。何の生き物だかよく分からないほど。抱き上げるとお尻からウネウネした虫が出てくるし。

 迷走しましたが、無事大きくなりました。そして夫婦揃って猫にはまったのです。「嗚呼、猫ってなんて穏やか、まったりした生き物(ダイきちとは大違い)」と。(その後、それは宇治どんの個性であり、猫全般が穏やかでマッタリという幻想は打ち破られました)。

 近所の野良猫界に目をむけてみて分かったこと。当時その界隈のボスが白黒ブチだったようで、宇治どんに瓜二つのブチ猫がたくさん居ること。そのうち猫好きの家に飼われている同年輩のブチも多いこと。

 1匹だけで家のなかで育った宇治どん、グリコが来たときはパニックになり、1週間ほど押入れに篭城していました。そしてある日突然出てきて、グリコに添い寝をしてお乳をやりだしたのです。次に来たガビにもお乳をやっていましたが、そこで子育てに嫌気がさしたらしく、その後来た子猫には知らん顔。
a0044136_12265727.jpg

宇治どんの写真のファイルを開けてみて気が付いたんですが、若いときから「寝ている写真ばっかり」。
[PR]

by cuora | 2006-03-02 12:27 | 我が家のメンバー紹介 | Comments(7)
Commented by mieko at 2006-03-02 14:40 x
こんにちは、さゆさんのコメントから来ました。
miekoさんご無沙汰です~。カメさん、それは耳に膿が溜まってしまったのではないでしょうか。アカミミさんはなりやすいのかな?わりとよく聞きます。切開して消毒すれば治るようです。
ありがとうございます。
これは、自分でしても出来るのでしょうか?
アカミミさんはなりやすいのかなのアカミミさんっていうのが分からなかったのですがすいません。
又、お時間があるときにでも教えて下さい。
宜しくお願いします。
猫ちゃん、気持ち良さそうに寝てますね。
かわいいです。
Commented by cuora at 2006-03-02 15:21
miekoさん…miekoさんのブログにコメントする方法が分からなかったので、こちらに書きますね。たしかmiekoさんちのカメはミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)ではなかったですか?違っていたらすみません。いずれにしても水棲のカメでしたよね?
 切開は、「カメディカ カメの家庭医学」(という本が日本にあります)という本で写真を見た限りは、とても自分ではできそうもありませんでした(恥ずかしながら写真を見ただけで貧血になりました)。
 家の中で飼っていると、自然の浄化の力が働かないせいか、どうしても細菌感染になりやすいように感じます。もし水槽に砂利を敷いていたら、砂利の中が細菌の温床になってしまうので、週に1回は全部取り出してお米のようにとぎ洗いするか、砂利をとってしまうと今後の予防になると思いますよ。
 アメリカの獣医さんはどうか分かりませんけど、行く前に「爬虫類に詳しいか。治療に自信があるか」電話して聞いてくださいね。「爬虫類は診られますか?」と聞くと経験がなくても「診るだけ診ます」という意味で「診られます」と答える獣医さんがいるので。
Commented by すず at 2006-03-02 18:16 x
cuoraさん、こんばんは!
次々と明かされるcuoraさんちの面々、とっても楽しみです♪
猫は3匹しか一緒だった経験がないけど、それでも個性色々ですよね。
宇治さん、美人さんですねぇ。
Commented by kabamii at 2006-03-02 21:14
宇治どん、そんな経緯があったのですね。必死にパパさんにアピールしたんだね。可愛らしい・・・けなげ♪でも、今ではまったりと母さん家で暮らせて安心して寝てばかりいるのでしょう。可愛いねーっ。
Commented by cuora at 2006-03-03 09:12
すずさん…猫もよく付き合うと、個性が濃いですよね(笑)。しかし「3匹しか」って(笑)。充分ですとも。宇治どんの顔は「八割れ」とかいうガラだそうです。

かばみーさん…そうなんです。「自分で売り込みに来た猫」なんです。「たちけてくだちゃい」って…でも声がかすれていて「だずげでぐれなぎゃ、バケてでるぢぃ~」って聞こえました。
Commented by mieko at 2006-03-04 09:26 x
ご返事遅くなりました。
詳細ありがとうございました。
私も自分では、出来ませんので、ドクターへ連れて行きます。
砂利をしいているので、こまめに洗うようにします。
色々と本当に助かりました。
ありがとうございます。

URLは、http://blog.goo.ne.jp/miekonaro/です。
Commented by cuora at 2006-03-04 12:59
miekoさん…お大事に~。早く治るといいですね。細かいことですが、寒いようでしたら連れていくときにも暖かくしてあげてください。小さい箱に水は入れずに入れていけばよいと思います。驚いてウンチをしたりするので、雑巾などもあると便利です。
<< いやな夢(私にとって) 明日くらいかな?ウパたま >>