実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うちの顔ぶれ 其の一 ダイきち

 やはり、存在感と態度の大きさではダイきちが一番でしょう。
 1996年札幌生まれ。生後半年までは飼育放棄され虐待された暗い過去。そこから1歳までは甘やかされてやりたい放題。というなかなか難しい経歴の持主として我が実家に仲間入りしたのが1歳すぎの時。その後、子犬に混じって犬の学校に入学、留年を繰り返して中退。

 屈折した過去ゆえの、前触れなく出現する「人格B(危険)」と問題行動で飼主を育児ノイローゼにし、重度と診断され「あと半年で歩けなくなります。人工股関節手術を」という股関節形成不全宣告でまたまた飼主を心配させた青年時代。

 そして今日に至るも、何故か手術もなく何年も炎症も出ずに活躍してくれている股関節(走らせなければ支障なし)。いつの間にか落ち着いた(訂正:昔を思えばなんとか許容範囲の興奮症の)熟年になり、恐怖の「人格Bの大造」にももう何年かお会いしていない。熟年時代万歳!

 飼主「以外には」ものすごく愛想がいい。ほかの犬のことはちょっと怖い。拾い喰いは死んでも直らない。犬なのに寝起きが悪い。昔のことを思えば、こんな「普通のダメ犬」になってくれただけでも、とってもありがたいと思うのでした。
a0044136_1126921.jpg
(「ワシ、こんなに純真で可愛い犬やねんで。だから、そのジャーキーはよ寄こさんかい」と言っております)
[PR]

by cuora | 2006-03-01 11:26 | 我が家のメンバー紹介 | Comments(8)
Commented by ada at 2006-03-01 11:57 x
お誕生日プラス1 オメデトウ(^-^)ノ~~・:*。・:*:・°'☆

閏日生まれとは、
ちょっと人と違ってて良いカンジというのと
本当の誕生日が4年に一度はやっぱりつまらない。
う~ん、複雑ですね。
さてはこの間のオイスターバーは誕生祝いかな?

ダイちゃんいい顔、ジャーキー一心とはいえ(笑)
ラブって、盲導犬の犬ということで、勘違いして飼う人が多いそうですね。
ラブのパピー期は悪魔と聞きます。
まあ、インギーにしても、どうもドベにしても一緒みたいですね。
Commented by kazu at 2006-03-01 15:38 x
小太郎の母さん、お誕生日おめでとうございます。

ダイちゃん、なかなかの苦労犬なのですねぇ~。
でも、写真の顔は、可愛いネ。


Commented by ぷーまま at 2006-03-01 15:50 x
まあ、まあ、かあ様、お誕生日だったの?しかも、本当は4年に一度しかこない誕生日??
おめでとうございます。
うちには、ウー犬だけでなく、筆頭駄目犬ぷー様がいらっしゃるので、そのうち駄目駄目振りをアップしますね。(飼い主がいないときの駄目が多いので、写真がなかなか撮れない・・のですが。飼い主がいれば寝てばかり。)
Commented by kabamii at 2006-03-01 20:53
小太郎の母さんお誕生日おめでとうございまーす♪(n‘∀‘)ηワーイ
今年一年も充実した素晴らしい年になりますようにお祈りしております♪

ダイきち君には、虐待の悲しい過去があったのですか・・・(T.T)
でも、今の毎日がとても楽しいってお顔してますよーぅ。
ナデナデしてみたいなぁ。(すぐ触りたがる私・・・)
Commented by ぢゃっく at 2006-03-01 22:16 x
こんばんは。遅まきながら母さま、お誕生日おめでとうございます。しかし、四年に一度しか年をとらないって、ええなあ。まだまだぴちぴちギャルですやんか。
 ところで、だいきちさんのこと、今さらやけど、初めて知ったのですわ。大変つらい子供時代を送ったみたいですね。飼育放棄する人、やっぱりごまんといてるんですね。虐待するっていう心理がおいらにはよくわからない。確かにぢゃっくのハイパーぶりにはファイントレーニングを断念せざるを得なかったけど、そんな虐待だなんてなあ。でもダイキチさん、母さん宅で実に幸せな生活を手に入れることができてよかったです。人格Bはもう死んでるんではないんでしょうか?今はかわいいダイキチさんであることを本当に願っています。
Commented by cuora at 2006-03-02 09:28
adaさん…2/29生まれ、オトナになってからはなんと言うこともなく、ネタの一つとして活用してますが、子供の時はうまく説明できないし、ヤでしたね。
 ラブは、小さい時、悪魔です。デビルです。実家犬モモの子犬時代、破壊の帝王でした。盲導犬たちだって、子犬時代は絶対悪魔ちゃんに違いないと思うのです。
 でもやっぱりラブを連れているだけで「盲導犬の犬」「賢いんでしょ?」という不思議な思い込み発言によく遭遇しますね。そのたびに「いや盲導犬はエリートですから、うちの犬はアホです」と誤解の解消に努めてます(ううっ哀しいっ)

kazuさん…苦労犬に見えない、苦悩のない顔しとるでしょ?(笑)。脳みそツルツル系の。まあ実際、9年3カ月ほどの人生のうち、大半は何の苦労もない年月なんですよ、今や。
Commented by cuora at 2006-03-02 09:37
ぷーままさん…はい、まだ10歳になつてません、ワタシ(をいをい)。うちでは、ウー犬に変身した状態を「やまいぬさま」と呼んでおります。写真を撮る余裕はないので、お見せできませんが、本当に怖いです。駄目犬さまのお写真、待ってますぜ。

かばみーさん…ナデナデ大好きですから、機会があればナデまくってやってくださいませ。でも、うちはシャンプーは「気が向いたとき」ですから、場合により身体がネチネチしております。

ぢゃっくさん…ワタシも、自分の子供でも虐待する人がおるんやから、そういう人もいるんやなぁ、というくらいにしか理解できないです。逆に私なんかは「(そんなにたくさん)好きやねぇ」という呆れた目で見られますね。世間からは。しかし人格Bをなめたらアカンのです。出てきてないだけでまだいるのは分かっているんです。頭のてっぺんの変に飛び出したツノみたいな頭蓋骨のあたりが怪しいと睨んでおります。
Commented by cuora at 2006-03-02 09:44
追記…みなさま、こんなオバチャンの誕生日(しかも今年はナイ)にメッセージをありがとうございます。お祝いの牡蠣にも中ることなく無事**歳になりました。

 そして、ダイきちが変身するのは、ある条件に遭遇したときだけで、それさえ心にとめておけば普段は全く無害な犬です。虐待された犬が全てそうなるということでもなく、逆に「生まれつきそういう素質があったために、(噛まれたりして)嫌気がさして飼育放棄された」のかもしれません。今となっては分かりません。まあ縁あってうちに来た犬ですので、今となっては賢い良い子と換えてあげると言われても、絶対ダイきちがいいです、はい。
<< 明日くらいかな?ウパたま 迷走中 >>