実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カメのご飯その2

 リクガメの食べる「リクガメサラダ」は人間的にもきれいですが、水棲カメと陸棲に近いハコガメたちの食べる「雑食ミンチ系メニュー」はお世辞にもきれいとは言えず、ニオイも強烈で、カメを愛している私から見ても「うえぇ~」なものが多いです。

 基本は配合飼料。冬は起きている種類も数も少ないので、レプトミン中サイズを買いますが、夏ははすぐなくなるので、安売りの日に大瓶を買って、もっと単価の安い鯉や金魚の餌「咲ひかり」の大袋を混ぜます。
a0044136_15551081.jpg
(写真は、夏に撮ったニホンイシガメとイシガメの棲家。いつかはもっと本格的な池を!と言い続けて早ウン年。全然実現しません。)

 そのほか、血抜き鶏レバー、ササミ、川エビ、昆虫、ミミズ、貝、果物、野菜等など、まさに雑食です。これを好みに合わせて組み合わせてやってます。
 ほぼ陸で暮らすモエギハコガメやセマルハコガメには、たまに冷凍ウズラを奮発しますが、頭を食べ残すもので、庭でウズラの恨めしそうな頭とバッタリご対面することがあります。ゆで卵も好きです。
a0044136_15564250.jpg
 ハラスジヤマガメは草食性が強いと本にも書いてあり、事実うちのカメも青菜を端からぺろっと食べちゃいますが、最近少し好みが変わっているようで、以前は興味のなかったエビやミミズを貪欲に食べています。配合飼料にも興味が出てきたようです。逆に、ベビーのときは青菜を食べなかったマレーハコガメのほまれちゃんは、最近青菜も食べます。
 成長とともに食生活が変わるという理由もあるでしょうが、それよりも一緒に飼っているので、他のカメが食べているのを見て「あれも食べられるものだ」と思うのではないかと…。で、食べてみたらなかなかいけると思うのではないかと。
 擬人化するのではありませんが、案外そんなとこぢゃないかと睨んでおります。
[PR]

by cuora | 2006-02-02 15:58 | 爬虫類 | Comments(14)
Commented by すず at 2006-02-02 17:14 x
ああ、なんて素敵な環境なんでしょう~。お庭としてもすばらしいですね!
私もニセ池を置きたいけど(置くってとこからしてニセ;爆)
てんちゃんを外に出すなんて~←1匹だからそんなこと言ってるのだわ(^^;)
でもやっぱり、自然の温度変化とか空気の中で暮らすほうがカメには
良いのでしょうね。
しかし、エサも大変ですね!友人とこのウッドは多少偏食する時もあるけど、「腹減ってるから、まいっか!」と何でも食べる良い子たちだそうです。キボシは野菜食べるのかしら。野生下では生きるために色々食べてそうですよね。セマルは何でも喰う!(コガメとかまでも)って聞きますがすごいですか?しかし好きなカメがかぶっていて、お話うかがってるととっても楽しいです♪
他のカメが食べているのを見て、って鳥でもありますよ。
青菜を食べるようになったり、あとはアイツが食べてるのが食べたい、ってのがあるみたいで、いくつもあるのに1つをめぐって大喧嘩になったり!
Commented by ぢゃっく at 2006-02-02 22:26 x
かめのこうらって、不思議な模様ですね。すごくきれいやなあって、これらの写真を拝見して思いました。私が実際みたことのあるものはせいぜい草がめとみどりがめ、そして、ぺっとしょっぷでわにがめくらいかな。でもこうらのもようがきれいなかめさんはちょっとかってみたいかなあ。ちょびっと質問です。ゆでうずらって、卵じゃなくて、ゆでたうずらそのものですか?
 ところで、わんちゃんのお耳の具合はいかがでしょうか?
Commented by cuora at 2006-02-02 22:38
すずさん…それは大いなる誤解です。写真のマジックです。うちのは、錦鯉用品のプラ船ジャンボです。結局これが一番水量があって使いやすかった~それを花壇用の焼杉杭で巻いてあるだけ。
 セマルに限らず、カメはほんまに貪欲です。ピンク***やレバーなんかの血のにおいのする餌は要注意。コガネたちだって、イモムシとか放り込んだ時は噛み合って血を見るかと思います。配合飼料のときはおとなしいですけどね。繁殖行動もおそろしいです。オスどうし盛るのでよそに行ってもらったモエギは、行った先で盛ろうとしてセマルのメスを噛み殺してしまったと聞きますし、リクガメも他のカメを噛みに行ったりしますし、本能がからむと「可愛いカメちゃん」ではなくなりますよ。飼育下では人口密度が異常に高いせいなので、仕方ないですよね。
 そう、餌は、他のカメが咥えているものが美味に見えるようで「それ、よこせ」と大騒ぎしてます。「アンタその甲羅に乗っているのも同じもんでっせ」と突っ込みいれたくなります。
3yq
Commented by cuora at 2006-02-02 22:46
ぢゃっくさん…あらニアミス。クサガメとミドリガメも、よく見るとすごーく綺麗ですわよ~。ある動物写真家(おやG~なさん、見てる?)さんが撮ったクサガメの写真が黒曜石みたいですごくきれいで、わたししゃカメにはまってしまったくらい。あと、おなかの模様が綺麗という、隠れおしゃれさんもいるのだ。
 で、うずらですが…うずらそのものでーす。ちゅうか、京都人であるわたしは、伏見稲荷の参道名物「うずらとすずめの串焼き」が大好物なので、あんまり違和感ありまっせーん。「まあ、カメにうずら、なんて贅沢」と思うくらいで…。伏見稲荷におまいりの際は、是非食べてみてください。マジで美味ですから。あと「味噌味のおいなりさんのお面のせんべい」、これもいけます。
Commented by cuora at 2006-02-02 22:57
ぢゃっくさん・・・そうそう、お耳、今回真っ黒んなってんのは猫なんですけど、それがあーた!今までどうもなかったほうまで、黒い正露丸なんです!しかも、ダンナ不在のため一人では洗浄できず、もう病院行きかも。ダイきちの垂れ耳は、冬はまあまあですよん。立ち耳組に比べたら、くっさいですけど。
Commented by ぢゃっく at 2006-02-03 08:15 x
すっげー。うずらそのものでしたか。しかも名物としても売られているなんて。味は想像がつきません。わんちゃんの缶詰で鶏頭の水煮というのがありますが、ひょえーっと思いました。まだまだです。それから大変失礼いたしました。ねこさんでしたね。でもぢゃっくはたち耳のくせにといいたいくらいです。通気性はばつぐんやのに。ところで伝染しているような。でも伝染ていうよりも乾燥しているのかもしれないですね。ぢゃっくも最初はかさかさから始まったのです。たち耳であるがゆえに乾燥しやすいのかもです。草がめかっていたけどそのようにして見たことがないまま死んじゃったので残念です。黒曜石って、あの黒曜石?宝石じゃないか。まさに生きた宝石。ですね。
Commented by cuora at 2006-02-03 09:03
ぢゃっくさん…私、勝手にぢゃっくさんは、鶏頭缶だのは平気な方かと思いこんでいました。私は自分がげてモノも結構平気で食べるもので、動物ご飯も平気なんです。ちなみに、カメご飯のウズラは、冷凍うずらというものがちゃんと爬虫類用フードとして通販されているのであります。
 猫の耳垢、耳本体はきれいな薄ピンクでかゆみもなさそうなんですよ。ただ爆発的な耳垢…。
 ダイきちは、時々自分の耳を後ろ足でほりほり掻いて、その後ろ足のニオイを自分で嗅いでは「うへっ」というように顔をしかめております。その後舐めるんだけどね。
Commented by Setsu at 2006-02-03 12:05 x
池ねぇ。
楽しみに待ってるんだけどなあ?
Commented by ぢゃっく at 2006-02-03 22:53 x
実はだめなんでやんす。目があったらどうしよう。とか考えるのです。しかもあれはさらしくびだ~!あああ、やっぱりおいらはまだまだ。
 耳垢、うへってなるんですか?ぢゃっくは喜んで食べちゃいます。その口でおいらの口を死ぬほどなめる。これって、ぢゃっくの耳垢を食べてるのと一緒なんだろうか?
Commented by cuora at 2006-02-04 10:16
Setsuさん…汗…おほほほほー。むーん…。

ぢゃっくさん…大丈夫、目は閉じているのです(え?余計怖いって?)
 耳垢、ぢゃっくどんのは美味なんかな?きっと、美味しさを分けてくれてるんですよ(ありがたくないけど)
Commented by ぢゃっく at 2006-02-04 17:45 x
多分、みみくその味がすると思ふ。
Commented by ますこ at 2006-02-04 19:52 x
食性のお話し聞けて勉強になりました。
何故か、ちょいダルイので次回は真面目な投稿します。
Commented by こうよう at 2007-09-02 10:25 x
綺麗なレイアウトですね
うちもプラブネジャンボを使用しています
同じ環境に思うのですが、全体の写真が見て見たいです。
Commented by cuora at 2007-09-02 10:40
こうようさん…えと汗、プラ舟ジャンボに錦鯉のろ過器を入れて、上陸用のスロープを渡してあるだけ、底は大磯の中粒を入れてます。水草が茂っていて、メダカとドジョウが掃除をしとります。
<< 二人の乳飲み子を抱えて… なめこ >>