実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

犬漫画猫漫画

 犬を飼っていると、本屋に行くとついつい「犬」をテーマにしたエッセイとか漫画を探してしまいませんか?(シリアスなものは泣けるので避けてます)
 私はこの犬エッセイ、犬漫画がけっこう好きで、気がつくと家の本棚の犬本コーナーはけっこう充実してます。

 同じように猫漫画も好き。とくに好きな猫エッセイ漫画は、大島弓子の「グーグーだって猫である」。世間的に一番有名な老舗は桜沢エリカ「シッポがともだち」かな?その「シッポがともだち」がとうとう完結した。

 漫画家の家で暮らすあけみ、カッチー、ベンの3匹の猫の漫画なのですが、1巻ではあけみちゃんに発情が来た!なんて若々しいネタでした。それが連載18年目の最終巻では、年とともに病気にかかりやすくなって獣医探しをする話や、食欲の落ちた老猫好みのフードを探す話、そしてカッチーが老衰で死んでしまう話…。
 「あと2匹の死ぬところまで描く気力はない」というあとがきとともに完結してしまいました。寂しいけれど仕方ないわね。
a0044136_19153118.jpg

(ガビとバブ。茶トラはオスが多いそうですが、昔拾って里子に出した捨吉も茶トラのオスでした)

 爬虫類ものは犬や猫ほどはないですが、エッセイは探せば色々あります。子供向けの小説「イグアナくんのおじゃまな毎日」は、大きい爬虫類を飼うことの大変さと楽しさがビシビシ伝わってきます。

 熱帯魚漫画はさすがになかろうと思っていたら、古本屋で「エブリディお魚ちゃん」という漫画を見つけました。でもこの漫画、漫画を描くために熱帯魚を飼い始めるというお話で、ちょっと物足りない。もっとお魚にのめりこんでほしかった!「魚ばか」になりきれなかったのね…て感じでした。

 みなさんのお勧めの犬本猫本亀本って何ですか?
[PR]

by cuora | 2006-01-27 19:18 |
<< ただの耳垢 ミスジハコガメ >>