実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

新入りです

 エンゼルフィッシュの高齢化について前に書いた。縄張り意識も繁殖欲もなくなり「枯れた」と書いた。
 あれは間違いでした。訂正します。全然、まだまだやる気です。

 90センチ水槽に5匹になり、見た目が寂しくなったので、また叔父の殖やしたエンゼルをもらってきた。2匹でいい、というのに、向うも過密なのか「まあそう言わんと6匹くらい居ないと寂しいで」と6匹詰めてくれた。今度のは「並エンゼル」と呼ばれる、白黒縞々のコたち。縞々といっても自家繁殖で血が濃いのか、ちゃんと縞になってない(黒いブチみたいな)コもいるが、それもまた可愛いのでOK。

 家に着いてウキウキと水槽に放す。と、枯れたはずの長老たちが、わ~っっと寄ってきて、つつく、追い回す、いじめる。新入りたちはパイプの裏に固まっている。全然、大人気ないのだった。

 それでも数日たつと何とか馴染んできたが、長老組と新入り組では食べ物の好みがハッキリ違う。長老組は私がいつも買ってくる安売りのフレークフードを平気で食べるが、新入り組はそんなもの食べたことがないのだろう、全く食べようとしない。仕方ないので冷凍アカムシを入れると新入り組が「これこれ、これやがな~っ」と群がる。グルメなのだった。

 ちなみに「冷凍アカムシ」とは、アカムシを冷凍して小さいキューブにしたものが、薬のパックのようなものに1個ずつ入っていて、手を汚さずアカムシがやれるようになっているのだが、何故か私はこのアカムシというものにアレルギーがあって、乾燥でも冷凍でも手についたまま気付かず顔を触ったりすると、恐ろしく腫れあがる。大変危険なブツなのだった。
a0044136_9415187.jpg

[PR]

by cuora | 2005-11-21 09:42 | ほかの動物
<< ととまるの甲長測定 ボジョレー・ヌーボーはバブルの香り >>