実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

魚→水棲カメ→リクガメへの進化

 5年ほど前、熱帯魚から「上陸」して水棲のカメを飼い始めた私は、爬虫類雑誌を買ってみた。「ビバリウムガイド」。爬虫類界では一番のメジャー雑誌だが世間的には超マイナーな雑誌(当時は今よりもっと)。それが何故か商店街の本屋にあった。
たまたまその号に「今月の注目」みたいな感じでマルギナータリクガメ(フチゾリリクガメ)が出ていて、こげ茶と白のツートンカラーのそのカメに私はまたまたやられてしまった。「ドイツ軍のヘルメットみたい」に甲羅のフチが広がると書いてあった(どんなヘルメットやねん)。その雑誌を1年くらい繰り返し眺めて、やっぱりどうしてもマルギナータリクガメが欲しかった私は、普及しはじめのインターネット通販でマルギが京都のペットショップに居るのを見つけた。3日後には飛んで行って、連れてきた。
 5センチほどの小さい子ガメは、青菜をもりもり食べて3年で18センチ近い、ごついリクガメになった。去年の冬からは冬眠しているので半年間のお付き合いだが、相変わらず毎日もりもり青菜を食べている。体が大きくなると、食べるときに「しゃくしゃく」といういい音が響き渡る。

 さて、問題のフチはようやく広がってきたが、育て方によってあまり広がらなかったり、くるっと反るほど広がったりするようで、うちの「ととまる」のフチは平均点といったところだ。どうやったら立派なフチになるのか、来年が勝負だと思うが、まだ奥義はつかんでいない。
 それと、欧米で繁殖されて日本で売られているマルギはほとんどがオス。メスはたまーに居ても驚くほど高い。ととまるも、オスの証しを必要以上に出しているのでオスなのは間違いない。

 写真は小さい頃のととまる。ほんとうにおもちゃのようでした。今は、オッサン化している。a0044136_9434690.jpg
[PR]

by cuora | 2005-10-21 09:45 | 爬虫類 | Comments(9)
Commented by Setsu at 2005-10-21 12:10 x
ビバリウムガイド・・・一体何人の人が知っているか・・・
京都のお店って、ウチがフロリダを買ったところかもしれない。
(確か京都だったと思った・・・)
Commented by パクパク at 2005-10-21 13:05 x
リクガメいいですよね~
今のところうちはいっぱいいっぱいなのでこれ以上は増やせないけど、いつかは飼って見たい・・・
まさぶーはただいまアオジタトカゲに心を奪われてます・・・

そうそう、リンク貼ってもいいですか~?
Commented by cuora at 2005-10-21 19:53
setsuさん…「ビバリウムガイド」、通は「ビバガ」と呼ぶんだよ!ますます世間に通じないけどさ(笑)。京都のお店、何年か前、京都はカメが熱かったから、そうかもしれないですねぇ。

パクパクさん…アオジタトカゲ、見たことありますよ。本当に舌が青かったので、驚く反面、そのまんまやんと思いました。確か舌が二股に分かれているんじゃなかったですか?私はフトアゴヒゲトカゲに心奪われてますが、実はトカゲは触れません(うちのヤモちゃんの掃除のときは軍手をしてます)。気持悪いとかじゃなくて、ちょっと怖いんですけど、怖さが伝わるみたいで向こうも怖がります。動物はそういうことに敏感ですね。
 リンク、いいんですか?さっそくお願いします。お願いしたかったんですよ、実は。
Commented by さゆ at 2005-10-21 20:55 x
小太郎の母さん、こんばんは!
フチゾリリクガメ、育て方でソリ具合が変わってくるんですか・・・
図鑑なんかで見る個体は裾が広がるような感じでとてもキレイですよね。

ビバガ、家にも数冊あります。笑
古本屋さんで見つけてまとめて買いました。(一冊¥100)
今はさらにマイナーな「クリーパー」を年間購読しています。
が、とても不定期な発行でまいっています。
いつ廃刊になってもおかしくないなあと思ってますが・・・
この前行ったぶりくらで今月号はまだか!?って聞いとけばよかったです。笑

Commented by very very at 2005-10-21 23:50 x
毎日見て 突っ込もう!と思うのですけど専門的な話題なので
『ふむふむ そうゆう ものなんだ!』と納得しちゃいます
小太郎の母さんもsetsuさんもパクパクさんもみんな詳しいな〜(ビックリ)
Commented by cuora at 2005-10-22 00:34
さゆさん…図鑑に出ている写真はえりすぐりの美形(美甲?)のようですよ。ほっといてもああなる、と思っていたら、なかなか難しいみたいです。マッサージは効かないんやろか、とか真剣に思ってしまいます(刺激で発達するとかさ)。
 不定期発行 「クリーパー」私も買ってますよ。カメの記事が多いですもんね。たいてい、誰かが「出てたよ」と教えてくれるので買いに行くんですけど。今度出たら「出たよ」って教えてください。

very veryさん…いーのよ、「まにやっくすぎて何言ってんだか分からんのだよー」と翻訳しちゃいましょー。ふふふ、マニアの世界はこんなものなのだ。
 
Commented by ぷーまま at 2005-10-22 10:19 x
very veryさんのとこから、きました。もう、夕べから、他家のソファーの話で、熟睡しまくり!
家にも、この間まで、7年間セマルハコガメがいました。9月に突然死んでしまいましたが、近くの池のそばに誰かが捨てたのを、当時小学生だった次男が拾ってきたのです。えさをあげる時、ジーーッと見比べたうえで、えさより大きい「指」に噛み付く食いしん坊でした。うちでは、冬眠中の管理が怖いので(セマルハコガメが冬眠できるかどうかも知らない)ヒーター使って、常夏の水槽にして飼っていました。
Commented by ぷーまま at 2005-10-22 10:19 x
実は、もう一匹朝の散歩で江ノ島の遊歩道を歩いていたハコガメも保護(3年前)、2匹ではうるさくてしょうがないので、うちに来る子供(お父さんが高校の生物教師)に、水槽つきでもらってもらったのですが、そのお父さんが調べたら、なんと、ワシントン条約で輸入が禁止されている、北米原産の(名前忘れた)足とかに黄色い点々のあるはこがめだったんですよ。そっちは、いまでもそこんちで元気にしています。
夕べ、パクパクさんのとこにも偶然書き込んだんですが、私も、鳥やら魚やら色々飼ってきました。(爬虫類については、詳しくありませんが)最近は、大きな3匹に振り回され、認知症が始まった、時には3ワンズより手のかかる年寄りにも振り回されて、飛び込んでくるもの以外飼えない環境になっているので,他人が飼っている動物の話を読んでは、喜んでいます。
また、ちょくちょく寄らせてください。
よろしくお願いいたします。
Commented by cuora at 2005-10-22 11:20
ぷーままさん…こんにちは。ゲロソファで安眠を提供できたようで、亡きソファも喜んでおります。それにしても、セマルハコガメを拾った!アメリカハコガメも拾った!すごすぎ。うちもがんばってカメの長寿記録を目指します。
<< 猫は犯人じゃなかった ご長寿記録ひそかにめざしてます >>