実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

もうすぐ冬眠だったよ…うっかりしていたさ

a0044136_955229.jpg
ブログを始めたのは、うちの動物たちがいかに可愛いかを長々とひとさまの掲示板に書くのもはばかられるので、自前で書く場を持ちたい、という親ばかな動機から始めた。そのなかのカメについて、書くぞ~っと思ったが、ふと致命的な欠陥に気がついた。
 「もうすぐ冬眠やん」。うちのカメのうち何種類かは年のうち半分は冬眠している。その間はネタなし。冬眠しないカメもたくさんいるが、冬眠組のことはこの1カ月ほどで書かないと、次の登場は来年のゴールデンウィークだ。

 というわけで無理やり、コガネハコガメの登場。中国原産の貴重なカメで、本国でも繁殖している人も少ないのでなかなかみかけないうえに、たまに見つけても驚愕するようなお値段だ。頭がきれいな黄色で、少し赤みを帯びたこげ茶の甲羅とのコントラストは渋い美しさ。そして、おとなになっても顔が可愛い。雑誌で写真を見て惚れてしまい、綴じ目が擦り切れるほど眺めた後で、思い切ってお迎えした。オス2匹とメス1匹の3匹いるが、黄色い頭が揃ってピョコピョコしているのは見飽きないほど嬉しい。
 こんな貴重なカメなのに、うちのダンナはカメに興味がないので、もう何年にもなるのに、いまだにゼニガメの仲間か平たいセマルハコガメだと思っている。興味がないので値段を聞くこともないのは助かるけど。
 でも、全然人に慣れてないので、近づくと一斉にバチャバチャ逃げてしまうのが哀しい。慣れるカメは餌をもっていくと全身で突進してくるけどコガネたちは隠れ家に一目散。人気がなくなった頃にそっと出てきて食べている。しかたないので星飛馬の姉のように、柱の陰からそれをそーっと見ている。
[PR]

by cuora | 2005-10-18 09:06 | 爬虫類
<< 暗黒卿のちから~早くも迷走の兆し しっかりしたメス >>