実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

フォルモサンマウンテンドッグ

地図を見たらわかることですが、八重山と台湾は地理的にとても近くて、動植物の種もかなり近いです。

八重山のカメ「ヤエヤマミナミイシガメ」は台湾と中国南部にもほぼ同じようなのがいますが、微妙に違うと言えば違う。
セマルハコガメもそうです。混ぜてしまったら識別不能。

で、犬。台湾犬という犬は絶滅してしまったというのは読んだことがあったのですが、犬好きはどこにでもいるもので、復元した人がいるそうです。

その名も「フォルモサンマウンテンドッグ」画像で見る限り、琉球犬(保存会の琉球犬)より足が長くて、チュラ君みたいな犬です。

復元されたフォルモサンとは別に「保存」されているのが「高砂犬(狗)」、フォルモサンとは違うけど保存会の琉球犬ともちがう。

でも近いといえば近い。

好きな人は色々探してみて下さい。素敵画像が色々出てきます。

で、気になったのが「台湾の在来犬種に洋犬(猟犬、シェパードなど)をかけあわせた時代があった」というあたり。

日本統治時代にそういう犬が八重山にも入ってきていた…かもね。等とО次郎(ハウンドハイッテル)を見ながら想像は膨らむのであった。

そして、最近ごく一部で流行?の「与那国産琉球犬MIX」。これまたタイプ違いで、フサフサ小柄率高し。島ごとに色々と独自の進化を遂げるのですね。

追記 顔がしわっぽいのも台湾犬の特徴みたい。与那国島の彼とか、とても大きくなった彼とか、まさに顔がしわっぽい。

そして、フォルモサン(管理されている)と台湾土犬(なりゆきに任されている)の違いも、保存会の琉球犬と、私がシマシマと呼ぶ彼らの違いみたいな感じですね。だから!琉球犬MIX諸氏は「雑種です」などと卑下せず、「八重山の土着の犬なんですぞ」と自慢しまくって下さい。私はすでに実践してます(笑)
[PR]

by cuora | 2014-10-07 12:06 |
<< ヤエヤマンチャンプルードッグ 黒虎赤虎シマシマ祭り >>