実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

躾けの覚書き

  訓練士の山本先生の1回目のレッスンがありました。
 メルモにとっては「大好きなお兄さんが来て、一緒にお散歩いってくれるでつ」ってことですけど。
 で、私の理解をメモしておきます。
 
・メルモがほかの犬に吠える原因は「怖い」から→怖くないと思わせるのが大事。
「飼い主がついているから大丈夫」と思わせること。
メルモは相手を怖いと感じたとき、目をそらす、目を合わせずほかのことをしているふりをする。
・よその犬に会わせる。 相性のよさそうな犬に近づくとき…自分がしゃがみ、リード短く持ち、相手の犬にも触って、怖くないことを教える。
・相手も攻撃的な犬には触れ合わせない。 嫌な経験はさせない。
・相性の悪い犬とすれ違うとき…吠えそうな素振りの段階で「ダメ」とリードを引く。そのまま静かに立ち去る。まだ吠えていない段階で「オスワリ」ができたら褒めていい。相手がまだいるのに吠えるのをやめたときも褒めていい。フードもOK。
⇔ひとしきり吠えた後で相手がいなくなったので鳴きやんでも褒めない。

・鳥を追いかけるのをやめさせたい(ダメという)のならば、かわりにボールを投げる等して発散させる。でもまずは、優先課題に集中しよう。


*******************************************************

 そして翌日。暖かい日だったので3時半から散歩にでかける。

 おぉいるいる。犬と人と子供がたくさん。

 今日からは、今までの方法をやめて山本先生の言ったとおりに試してみることにする。

 まずは、以前から、1メートルまでは近づけるシニア柴のT君。これは難なくクリア。T君と歩いていると、昨日やっとうちとけたシーズーのS君。これまた難なくOK。S君のお父さんはまだちょっと無理なので、今日はまぁいいことにする。近くにいるくらいは平気なのだ。
 そこに本日初の苦手キャラ、シニア柴犬K君悠々と登場。
 なぜだろう、今まで姿を見るだけで気が狂ったように吠えていたメルモが、今日は場の雰囲気が和やかだったせいか、普通に並んで散歩しても平気だった。

 でも、枯葉がつもっているところでT君とK君がガサガサと音を立てると、その音にビビったのかいきなり吠えた。神経質なやつ。

 そこへ、本日の真打「初対面の黒柴のオスの子犬(若造)」という、どれをとっても苦手要素の塊のような犬登場。

 幸い、相手は「相手かまわずハチャハチャになるのをなおしたい」ということで近づけてくれたので、飼い主も屈んでご挨拶を実践。

 なんとか吠えずにできました。でも、双方ともにだんだん興奮が高まってきたので、きりのいいところで切り上げてチーム・シニア柴に合流。

 その後はまた歩いて、最後は運動して…帰り道、路上でシニアのゴールデンR君に遭遇。いつも一方的に吠えて、躍りかかってすまん。今日も、リードがなかったら襲いかかっていたと思うが、飼い主同士は仲がいいので、立ち話。その間ひたすら目をそらして緊張して座っているメルモ。

 そこへ、別の飼い主さんが犬なしで登場。気が付いたら初めてメルモをナデナデしていた。(いつもはそこの犬がいるからね)

 「メルモちゃん、触らしてくれるやん。おとなしいやん」

 …たまたまです。そうでもないか。おばさんはわりと怖くない。

 今日は総じて、和やかにお散歩できました。



 で、よその犬と仲良くさせたいときに飼い主も屈んでみるというのは、なんでもないことのようで、目から鱗ですよ。今まで見えてなかったメルモの表情がよく分かる。

 「あ、遊びたいけど…」から「こいつ、ほんまにこわい。目あわさんとこ」まで、メルモはほんとにビビってました。

 ダイきちも犬付き合いがうまい犬ではなかったけど、座高が高くて、飼い主は立ったままでも表情はよく分かったわけです。きのこは、メルモより少し小さかったし好き嫌いはあったけど、自分のことは自分でうまくできる犬だったし、きのこの行動は一度たりとも心配するようなことはなかったので(好きにさせて100%安心)、あえて屈むことはなかった。

 そしてメルモは…思えばメルモが困ったとき、飼い主はメルモの背中と後頭部しか見えてなかったかもしれない。

 「困ったコ」と思っても「困っているメルモ」にあんまり気が付いてやれてなかったかもしれない。


 本日の総括 いやぁ難易度最高レベルの犬と最高レベルの男の人に出くわさなくて助かった(をい)
[PR]

by cuora | 2013-01-07 19:43 | | Comments(4)
Commented by totozfactory at 2013-01-08 21:04
メルモたん、オベンキョ頑張ってまつね。
山本のオニーたんは優しいので大丈夫でつよ。
訓練士の中でもイケメンをおばちゃんが選びました。
おかーたんとメルモたんの女子チームにはまず
見た目だろうと。え、違いまつか。
頑張ってオベンキョして、おかーたんと楽しいお散歩
できるようにね。
Commented by cuora at 2013-01-09 09:13 x
ぱぷりか姉ちゃん…やっぱりイケメンだとやる気がちがいまつ!とお母ちゃんも言ってまちた。(ご紹介ありがとうね~。「こうする」っていうルールを決めてもらったら私も楽だよ。三歩進んで二歩下がってますけど…っていうか、ビビリで神経質が治るわけじゃないからね・笑)
Commented by でみぞ at 2013-01-09 16:35 x
読んでるだけで、その場の空気感が伝わってきて、緊張するわ^^;
こういうときは ああ、田舎暮らしで良かったと思うよ^^;
それに、イケメンもおらんし(そこか)
Commented by cuora at 2013-01-09 19:46 x
でみぞちゃん…今日、ラミーが150円だったよ!ひっひっひっ。で、宿題ですが…分かるでしょ?緊張よ、緊張。しかも躾け中なのでと説明すると「今何か月ですか?」と言われる。落ち着きないからさ。まさか「実は子持ち3歳です」とは言いにくいわ。イケメンは、パプ姉さんに頼むと派遣してくれます。
<< クッキーはどこから来るのか らいねんのほうふ >>