実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

断捨離実家編2

 さて、今日ようやく前回の続きを片付けに実家に行ってきました。開かずのタンスは全捨て!と行ってみたら弟がおり、中身を一緒に仕分けしたところ、買ってきたまま一度も穿いてないチノパンなどいいものも出てきたのですが…弟の体型の変化により悲しいことに全く入りませんでした。Tシャツなんかは洗って着るというので、6割くらい捨て。

 次、父の「開かずの衣装ダンス」。前回「これは着るねん」という父の反論にあって、また閉めた扉を開けまして…父、弟と仕分けしました。これまた6割捨て。どれもグレーのスーツやコートにクリーニング屋のビニールがかかったのが隙間なく詰め込まれていたのを一つ一つ開けていきますと…さすがにアパレル会社役員の父、「これは要らん」とどんどん捨て始めまして、無事衣装ダンスとしての機能を取り戻しました。

 続いて、積んであったまま埃の山になっていた本。これまた弟が、超珍しく仕分けに乗り気で、どんどん漫画本などを捨て始め、地層の底から出てきた私の本なども捨て、父の古い本や児童書は問答無用で捨て、ようやく床と窓が見えました。

 嗚呼もうほんとに…父はこれで片付いたような顔してますが、ようやく「掃除と片付けにとりかかれる空間が確保された」というのが正しいところでございます。まだまだ、手をつけると泣きを見る禁断の扉はいっぱいある!

 ではまた来年ちゅうことで、今日はこのへんで勘弁したろ。

 でもまぁ、何回か通ってどんどん捨てて行くうちに、父と弟も「要らないガラクタだらけであった」という自覚が出てきて、ぽちぽちと自分たちでも片付けているらしいのが収穫でございました。
[PR]

by cuora | 2011-12-18 20:31 | その他 | Comments(2)
Commented by obakappu at 2011-12-19 07:00
うちにも来てほしい。
Commented by cuora at 2011-12-20 15:16
いやまだまだこれからの道のりが長いのです。今やらなくても将来やる、やる人間は私しかいないのですから(とほほほほ)
<< ビスコ問題 断捨離実家編 >>