実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

断捨離実家編


 実家から新婚仮住まい→今の住まい→建て替えのため仮住まい→仮住まいから新築に入居…とこの十数年で引越し数回を経て、取捨選択をしてなんとか許容量に収まっているが、油断するとすぐ増えるモノ。猫らに時々壊されたりオシッコされたりして、いやでも断捨離なのも、考えようによってはありがたい。
(事務所も4階から2階へ、さらに別のビルへと移ったので強制的断捨離)

 が、実家はというと…古いが広めの一戸建て、唯一の片付け隊隊員の母(それもあまり片付け上手ではない)亡き後、父と弟は、倉庫が二つあるのをいいことに!溜め放題!さらに弟の作業場(自動車通勤)も自分の物件なのをいいことに、父は故・母の絵(絵が好き。しかも多作しかもデカい絵)を置いているらしいが、もうそのことは聞かなかったことにする。とにかくモノをまったく捨てずに地層化して暮らしていたため、とんでもないことになってしまいました。
 それでも共有スペースの1階はまだしも。二階は…人の住処とは思えないことに。

 往復三時間の微妙な距離の実家。たまに行くとボチボチ捨てているのですが、地層の一番底には「弟が幼稚園児の頃のモノ(キン肉マンケシゴム大量とか)」が衣装ケースに放置されていることを知っているので、めまいがします。

 が、重い腰を上げて今日はだいぶ捨ててきました。いつもは、私が捨てまくっているのに呑気に将棋ゲームなどしていてイライラさせられる父も、庭のガラクタ整理を始めたので、かなり「片付いた感」あり。

 しかしまぁ、捨てても捨てても、キリがない。モノで塞がれていた旧弟の子供部屋のタンスを今日ようやく開けられるところまでこぎつけて開けて見たら、十代の頃着ていた記憶のある服やら下着たち(その後信州で就職してまた戻ってきたが、その箪笥のことは記憶から欠落しているっぽい)がぎっしりとカビ臭くなっており、次回の課題となりました。だって捨てすぎて、市指定のごみ袋の買い置きを使い果たしてしまったから。父の衣装箪笥は、ものはいいが時代遅れのウールのスーツなどがこれまたぎっしり詰まっており…箪笥ごと捨てたい衝動に駆られました。

 それと本!本の地層の底からは私が幼少時代に読んでいた「おさるのジョージ」とか出てくるんですよ。もう紙はボロボロ。

 嗚呼それなのに、もらおうと思っていた父の「剣客商売」は「捨てちゃった」って。「だって剣客商売と鬼平犯科帳は読み直さないから」って。捨てる基準がワカラン。

 ようやく、登山口までの草を刈って入り口にたどり着いたような断捨離実家編。父が存命中にスッキリ片付く日は来るのか?

 いや、全て任してくれたら、全部スッキリ捨てます。でも、なんだかんだ、あれは要るんだこれは取ってるんだ、言うんですよね。二人とも。

 地層の底から出てきた使えそうなモノを持って帰って我が家のモノが増えたのは…まぁ見ないことにしておきます。(本の山からなぜかお菓子の型がたくさん出てきたんですけど)
[PR]

by cuora | 2011-11-20 20:41 | その他 | Comments(2)
Commented by ぢゃっく at 2011-12-09 22:57 x
うちも一緒ですよぉぉぉぉ。実家の父は「ぜ~んぶいるんやっ!」っていうてさわらしてもくれないし、うちの家人のミリタリーグッズ(引越しの時にはとうとうさわらせてもらえなかった。。。)母さんの言葉を借りますが、うちの地層の一番したには、モデルガン何丁(これはまだいい)と、防弾チョッキ(いつ?どこで?なにに?使うのか)、そして一番の頭痛の種は戦闘について書かれた本数百冊。地層の下の化石ならおいておけば数千年後に石油になりますが、これらはきっと何もならんですよねえ。。。何もならんどころか、近所でモデルガン持って、迷彩の服着た変質者が出たときくらいに一緒に疑われるだけやろうと思うのです。でも、母さんを見習って今年は何とかしまっす!!!
Commented by cuora at 2011-12-11 10:03 x
ぢゃっくさん…防弾チョッキは実用として日常的に使ったらどうでしょうか?本、数百冊もあるんですか?趣味のものといえど、いくらなんでも溜めすぎですよね。それとも高く売れるんでしょうか?うちの弟のプラモ(厳密には「プラモの入っていた箱」)も頭痛い。あの箱は不必要にデカい。なんのためにとってあるのか?
<< 断捨離実家編2 圧力鍋は素晴らしいですよ奥さん >>