実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

高濃度ビタミンC点滴

 きのこ、本日抜糸のため病院に行きましたが、残念!一か所くっついてなかった!くっつくまでまたラッパ犬続行です。キズの治りは遅いほうなので、そうじゃないかとは思ってました。

 で、病理検査の結果が来てました。グレードⅡで、残念ながら完全切除はできてない可能性が高い(取り残しがある)ということでした。

 四肢の手術は、深く広く取れないから取り残しの可能性が高いことは知っていて、脚は残す方向でお願いしたので予想の範囲内ですが、やっぱり凹みますね。しかも同じ場所に再発しても、もう切れない。

 肥満細胞腫には「これが効く」という抗がん剤がないらしく、化学療法は副作用が出るかもしれないこともあって「化学療法はしないという選択肢もあります」と言われました。そのかわり(これも化学療法の一種でしょうけど)高濃度ビタミンCを点滴するという方法が、院長が今注目している療法らしく「これは副作用の例がとても少ないしキズが完治する前に始められます」とのこと。

 ただし自宅ではできないので、通院して20分ほど点滴を受ける必要があり、針を刺すのがものすごーーく嫌いなきのこは、我慢できるか心配なとこです。

 ただし、どれもそれで完治するというほど肥満細胞腫に効果があるというのではなくて、延命ということみたいです。

 腫瘍が広がるとどういう不快な症状が出てくるのか、それはどうするのかを聞くの忘れたので、次回は聞かなくては。もう長生きは諦めたけど、日々の生活は楽しく送ってほしいからね。

 しかし、当面はいいこともあって、肥満細胞腫の塊を取ってから、皮膚が真っ赤になったりハゲたりしていたのが、驚くほど改善しているんです!が!縫合糸は金属を避けてもらったんですが、テーピングにかぶれてキズの周りが真っ赤に!キズそのものより、反対側のただれのほうが見た目痛々しいってどういうことよ。ああ忘れておったよ、アンタの皮膚の虚弱さを。とほほほほ。

 なんか、えらい弱気なこと書いてますが、本犬は元気で、食欲もあります(アレルギーフードは食べないけど、犬種別フードのトイプードル用が気に入っていて、犬らしくよく食べてます。パチパチ)

 きのこ乗せ自転車(子供乗せ自転車です)は、最近すっかり通院用になってしまっているので、キズが治って涼しくなったら、河原に行くのにも使わないとね。まぁ水になんて近づきもしないんだけど。
[PR]

by cuora | 2011-08-20 14:11 |
<< 同類は顔見たらわかる、または犬... やばい兆候 >>