実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

今年の5大トピックス

 仕事納め、とはいかなかった28日。年内には一区切りつけたい。

 それはさておき、今年の我が家の迷走ニュースはナンだろうかと考えてみました。

 まず何といっても、ダイきちが死んでしまったこと。突然、というほうがいい急なことで、未だにいなくなったことが納得できてません。ダイきち、もう生まれ変わってしまったんだろうか。
 倒れてからの2回目の通院、ダイきちカー(手押し)に乗って、しげしげと前を見ていたダイきちの後頭部が忘れられない。「子連れ狼」状態です。乗り物好きだから、しんどくてもそれなりに楽しかったと思います。あの可愛いラクダ色のでっかい頭。ほんとに面倒な男だったけど。

 次に何といっても、きのこが来たこと。このタイミングは、やはりダイきちが心配して遣わしてくれたとしか思えません。こんな可愛い犬が、自分の犬になるなんて幸せとしか言いようがありません。
 きのこは、ほんとに理想的な犬です。ダイきちは、付け上がりやすい犬だったので、可愛いと思う気持ちを10%くらいに抑えて厳しく接してましたが、きのこは可愛いと思う気持ちを100%ぶつけても「きのこも嬉ちいのっ」と返してくれるだけです。嗚呼シアワセ。

 第三位は、その1カ月後にサンボを拾ったこと。嗚呼こんなに可愛くドンくさいズングリ黒猫が落ちているなんて。ほとんに「拾った」という言葉がピッタリ。ひょいと拾って紙袋に入れて帰りました。最近の悩みは、夜寝ていると文太なのかサンボなのか識別できないこと。

 第四位は、実家犬モモさんが死んでしまったこと。心臓、腎臓、貧血という生きている奇跡のモモさんも年齢には勝てず。我が家の大型犬の時代=飼い主の元気な年代の終わりを実感させる出来事でした。だって、モモちゃん、寝付いてから誰も持ち上げられず、大型(の肥満犬)介護の大変さが分かってしまった。あんなに小さかったモモちゃんが…。

 第五位は、なんと実家犬としてトイプードルが来たこと。父と弟のオヤジ二人でトイプー、しかも名前はモコちゃんとは、いやー人生思いがけないことばかり。

 その他、セマルハコガメの赤ちゃんが6匹も生まれて嬉しい悲鳴だったとか、血尿とか二階から猫落下とか、犬ハゲたとか、宇治負傷とか、また血尿とか、叔母のうちのゴールデンのソレイユが癌に罹るとか、モコいきなり死にかけるとか、とにかく慌しい一年でした。現在進行形で。人間界のニュースも入れると、ヘトヘトな一年でした。

 えーと、今の心配は「この寒波で、年内に東京からヤモリたちの活き餌が無事届くのか」ということ。もっと早くに注文しようね、来年の自分。
[PR]

by cuora | 2010-12-28 21:46 | その他
<< マイボーム腺腫ふたたび?? きのこ、脚から冷えるのっっ >>