実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

セミ(おえっ~な話なので要注意)

 文太はベランダでセミを捕るのが上手い。そして、ミンミン鳴いたまま咥えて家の中に持ってきて、見せびらかす。猫がわーっと寄ってきて「文太ちゃん、すごいね」と絶賛されるのが好き。セミは、サンボにくれる。いつの間にか死んでしまったセミをしつこく咥えて、チャイチャイして走り回るサンボ。セミでなかったらほのぼのした光景だ。
 しかも、海老蔵は硬いムシが好き。コガネムシくらいなら食べてしまう。

 近所のジャックラッセル♂は、飛んでいるセミを跳躍して咥えて、ミンミン言っているのをそのまま飲み込んだらしい。きのこも、セミにはおおいに関心があるらしい。

 実は美味しいのだろうか、セミ(おえっ~)
 
 家の中でセミの死骸を踏んづけそうになったとしても、宇治どんが若いときの事件よりは、ましだ。

 その日、床に大きなセミが落ちていた。ティッシュでつまんで捨てようとしたら…恨めしそうなネズミみたいな顔がついてた。…コウモリだった。そこから先の記憶が途切れている。
[PR]

by cuora | 2010-08-14 10:16 | | Comments(19)
Commented by kanako at 2010-08-14 11:25 x
ひぃ~、コウモリとは、やってくれますね。

セミは揚げたらカラッとしてそう。
塩ふって、フライドセミとして販売しますか!?
捕まえてくればいいので、コストもかからなそうですし。
それに、ブームがきたら女実業家として・・・(笑)
Commented by obakappu at 2010-08-14 15:48
それはさぶいお話で・・・
 
ひゃ~~
Commented by cuora at 2010-08-14 22:18
kanakoさん…セミは、カメレオンの餌に冷凍している人がいると、以前の雑誌に書いてあったので、案外いけるのかも。(次の静岡の新メニューにどうでしょう。私のトークショーと込みで売り込んでみようか)

ぷーままさん…今日も、1匹、行方不明なんです(涙)
Commented by えぞっ子 at 2010-08-14 22:59 x
ほぉ!、セミって見た目とは裏腹に美味しいのかもしれませんね。
いうなれば“ 旬の味 ”みたいなものかなぁ。
しかも飛ぶ以外は不器用なムシだから、遊び道具としても使えるし。
  
そそ、コウモリに見えた獲物は、実はネズミゼミだったんですよ。
もう一度捕まえてくれば途切れた記憶が繋がってくれるでしょう。
猫軍団の健闘を心から応援します♪
Commented by munpun at 2010-08-15 09:13
セミが好きだって犬猫は、けっこう話聞きますよ~。
彼らにとっては、「季節もの旬のもの」なんですかね^^;

宇治どん、あんたはやっぱり別格ですわ(笑)
Commented by cuora at 2010-08-15 09:25 x
えぞっ子さん…虫、とくに硬い虫の、あの「腹」がとーしてもダメなcuoraです。どんなきれいな虫も、腹は見たくない。あ、「セミは案外ジューシーだった」、と近所のダックス飼いさんからリアルな報告を聞きました(おえぇ~)。猫が2匹のときまで、ベランダには鳥も来ました(宇治どんに1羽捕られた)が、今は猫の気配が濃すぎて近寄りもしません。だから2回めはないと思います(喜)

ティアラ姉さん…やっぱり、みんな大好きセミ、なんすか(脱力)。そんな宇治どんも、いまやデスクまでしか飛び乗れない。11歳だもんね。
Commented by obakappu at 2010-08-16 22:06
塩大臣は夕べ廊下で押入れのすき間に逃げ込むヤモリを見たのだそうですが、今日学校でジャージのポケットの中に既に逝ってしまわれているヤモリさんを見つけたそうです。学校までのカバンの中でつぶれましたね。
明日からはたたむ前に洋服のポケットの中を確認するそうです。
Commented by cuora at 2010-08-17 07:25 x
ぷーままさん…ううっっ、それはまた運のないヤモリ。私は…猫の魔の手から救い出そうとして、私が潰してしまった前科者です。
Commented by ちよちよ at 2010-08-17 21:14 x
裏山しぃ~なヤモリのいる地域

楽△市場で、真空パックのトッケイが売られている…食用
Commented by cuora at 2010-08-18 07:58 x
ちよちよさん…可愛い孵化したてのもいますよ~。真空パックのトッケイ(大うけ・笑)。いろんな意味で飼えないことは分かっていても、ショップの客としては一応「ああトッケイ」とちょっと馬鹿?にしつつも、心の底ではなぜか惹きつけられるトッケイ。
Commented by ちよちよ at 2010-08-18 23:40 x
ニホンヤモリを見たことないガキンチョ、
その昔、爬虫類展か小鳥屋で、トッケイ見て「ヤモリ類=あの大きさ」と思い込んでました。

そして、数度、飼育妄想
漢方薬として中華圏の需要が大きく、野生由来で持続して利用可能か?と思えば、人生で一度は…が、鳴き声がね~不安
Commented by cuora at 2010-08-19 09:30 x
ちよちよさん…トッケイは、暗がりの梁の上からどこからともなく、とんでもない声でないているのが風情があると思います!巨大系カエルとならんで日本の家で鳴かれても風情なしなハチュペットと確信しちょります(笑)。あ、「小さいバッタ」は、ショウリョウバッタの子供だったことが判明(大きいバッタになってきたので、捕獲して餌にしてますが、そうなると「もっといたらいいのに」と思う現金な私)
Commented by ちよちよ at 2010-08-21 00:48 x
精霊蝗虫でしたか…漢字で書くと感じが違う(なんちゃって)

今、「兎虫」と呼んだ人もいる昆虫を飼育中です。
うさぎちゃんなムシ。さて、正体はなんでしょうか?
Commented by obakappu at 2010-08-21 12:12
母さま、以前おっしゃってたアメリカハコガメ飼っている人(庭で)紹介してください。
うちのもやっぱり広いところで自由に過ごさせてやりたいです。
Commented by cuora at 2010-08-21 19:23
ちよちよさん…ウサギムシ?ウサギ→二本の耳がぴこーん→カブトムシ?それともはねる→カマドウマ?家族の賛同を得られそうもないので違うね。カブトムシに1票。

ぷーままさん…断然っ庭で飼うのが楽です。アメリカハコガメの達人は、あっ、リンクしてなかった!あとでメールしますねー。
Commented by 腹黒亀太郎 at 2010-08-22 01:36 x
こんばんは、蝉は中国では、わりと好まれる食材らしいですね。
Commented by cuora at 2010-08-22 14:05 x
腹黒亀太郎さん…そうみたいです。日本より昆虫食が残っているらしく、セミの養殖というのもしているらしい。こんなオサレな包装で売られているらしい。
http://www.tsxxw.com/zixuninfone5.asp?id=1466
Commented by ちよちよ at 2010-08-22 20:57 x
カマドウマで正解。さすがです。家のベランダで採取したです。

フタホシをストックしていた時の方が家族の突っ込みは激しかった。
Commented by cuora at 2010-08-25 19:36
ちよちよさん…カマドウマでしたか!たしかにウサギみたいに跳ねるし背中の丸さも似てなくはない、けど。フタホシのストック、あれはきついですね。小屋でもない限り禁断の領域です。
<< 卵が煮えてしまった… きのこも元気 >>