実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

きのこも元気

 受動的に完全手作り食派になったcuoraです(涙)。人間のご飯も作りたくないほど暑いのに、毎日せっせと「きのこ飯」を作ってます。日替わりです。きのこは「これよ、これ」と毎食完食するようになり、体重も増えてきました(それでもまだ痩せすぎだけど)。

 真菌の通院もラストスパートを迎えてきました。秋にはいい毛がふきますように。

 きのこ用の小さいピーピーボールは、5分で壊すきのこ。ダイきちのお下がりのカメきちも、風前の灯。的確に笛の部分を狙ってます(涙)

 黒いワルいチビも元気です。ワルいです。

a0044136_16101376.jpg

[PR]

by cuora | 2010-08-07 16:10 | | Comments(6)
Commented by totozfactory at 2010-08-10 21:26
きのこさん、ますますお嬢様街道まっしぐら。
いけいけGOGO~(。_+)☆\バキ!
きっとよい毛が出てきて、見違えるようになるよ~。^^
そしてさらにお嬢様度は増して女王様になるのだ。うきき。^^
Commented by cuora at 2010-08-11 15:21 x
ぱぷりかさん…そちらのお嬢もお変わりなくお過ごしですか?
 真菌は…まだ根絶されてなかった(涙)。きのこは、少々甘やかしても(世間的には普通に)カチョーのように一瞬にして勘違い→たちまち増長、という性格ではないので、いいのです(ほんとか・笑)
Commented by kanako at 2010-08-14 01:19 x
お顔に笑みが・・・
cuoraさん宅にきて本当によかったです・・・きのこちゃん!!

完全手作り食でダイエットできますわよ、奥様、おほほほほっ♪
(手作り食って結構手間がかかりますものね。台所に立っているだけでもダイエット)
Commented by cuora at 2010-08-14 10:22
kanakoさん…最近よく「きなこ」と間違えられるきのこです(笑)。奥様、ダイドコってなんであんな暑いんでしょうかねぇ。手作り食は、はっきり言って手間ですわね。小さい犬でまだよかった。
Commented by renren現品限り at 2010-08-26 09:52 x
mixiのコメから
って、かなり前にお犬様を向かえていたんですね

実家のたろちのお骨も、先祖代々の位牌がある大きい仏壇の横に置いてあります
1年間は火葬場の集団墓地という名のコインロッカーに入れてたんですが
1年経つと料金発生するので
両親が墓を買ったら、人間用の墓の横に小さな動物用の墓も作ると言ってるので、それまでは家にお骨を置いてある状態になるでしょう

で、市営墓地(人間用の)抽選募集がある度に、申し込みに行かされてる私
Commented by cuora at 2010-08-26 18:33 x
renren現品限りさん…お迎えっていうか、飼い主が見つかってないので、うちにいます(笑)。見た目はショボいけど、性格はとてもよくてアタリです。
 お骨、まだあります。太郎くんも?けっこうそのまま置いてあるという人が多くて安心して、ますますそのままです。「それはイカンよ」という人もいますけど、まあいいよね。
 で、墓地の申し込み…(苦)うちの母も自分の墓地の購入に燃えてましたが、その気持ちはあんまりよく分かりませんでした。子供がいれば欲しくなるものなのか?
<< セミ(おえっ~な話なので要注意) 透明標本 >>