実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

透明標本

おばかなプーたろう さんの、父上の原生生物のスケッチの記事で思い出しました。最近存在を知って衝撃的だった「生物もの」。

透明標本

で検索したら色々出てきます。骨格標本とホルマリン漬け標本の機能がひとつになって、さらに美しさが加わったもの。透明標本界の第一人者の作品の写真集が出ているそうなので、是非入手したいと思ってます。標本なので、恐ろしい、けど美しい、です。

 骨格標本(つまり白骨?)も、恐ろしいけど美しい。でも、オークションを冷やかしていると美しくないものもある。趣味の問題ですが、狩猟の獲物だったとおぼしい鹿の頭骨と角の標本を「暖炉の上に掛けるような感じ」に仕上げたものは、完全だけど美しくない(だって自分の獲物じゃないし)。ニスたっぷり塗られた海がめの剥製も怖いばかり。亀の甲羅だけ、も怖いけど美しい(種類によっては、身近すぎて怖いばかりだけど)。魚の骨はなぜか平気だ。見慣れているから?形として美しいのは鳥の骨格標本。

 とはいえ、標本=死骸なので、家に飾る勇気はなかなか出ないですが、自然に抜けた鹿の角は、死骸ではなくて「落ちた爪」みたいなものなので、怖くないので、ちょっと欲しい。
[PR]

by cuora | 2010-08-04 23:28 | ほかの動物
<< きのこも元気 モモタマナ発芽 >>