実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

宇治猫のタンコブ騒動顛末

ダイきちの火葬の翌日に話は遡ります。葬儀の日は冬のように寒くて雨降りでした。気の抜けた人間は病気にとりつかれやすいというのは本当で、あっけなく風邪をひいてしまった私。

1週間ほど、猫ずのお世話はご飯を出して、トイレを掃除するだけで、よく顔も見てなかったのですが。その朝ひさしぶりに「どれ、みんな元気にしとったか。ほったらかしてごめんね」と宇治猫の食後の顔を見た私は、たまげてしまいました。

頭が、シリコンを入れた舞の海のようにもりあがっているではないですか!

慌てて、キャリーバッグに放り込んで獣医に走りました。

「猫の頭におおきなタンコブができてます」
私の説明が悪かったのか、宇治猫はレントゲン室に運ばれ、頭のレントゲンを撮られました。その際暴れて、耳に新しい傷までできてた。

レントゲンの結果、頭蓋骨陥没などはなく、腫瘍の気配もなく、ただ「耳の奥も汚れてますねー」と言われ、抗生剤をもらって帰ってきました。

その翌々日の朝。

ひょえええ。とまた叫ぶはめになった私。

たんこぶが破裂して、膿がドバドバと出ているではないですか!

また慌てて病院に走り、残った膿を搾り出して消毒してもらいました。

そこでようやく原因に思い至った私。

「そういえば、何ヶ月か前に、海老蔵に因縁をつけて、とうとう切れた海老蔵に激しく頭をたたかれてちょびっと流血し、その後ハゲが出来てしまった。でもハゲも治ったしちょっとずれているから忘れていたけど、この場所は、ひょっとすると…」

洗浄してみると、患部の真中に、爪がささった跡みたいなのが確かにありました。


 その後、宇治猫の傷跡はカラっと乾き、また大きなハゲができそうな兆しを漂わせつつ、本人はスッキリしてとても元気になりました(レスアクティブな宇治にしては)

が、私は、風邪なのに獣医に走って人間の医者に行きそびれたせいか、1週間も寝込んだうえ、西表島などにでかけて川につかったりしたため、こじらせてしまったのでした(ようやく復活したときGWは終わっていたのでした)。

 教訓 宇治猫と海老蔵のお爪は短く切っておくこと!

追記 昨晩までは確かにカラっと平らだったのに。昼前に見たらまた膿が溜まってた(涙)。
病院に走りました。がんばれ宇治どん(涙)
[PR]

by cuora | 2010-05-07 14:33 |
<< ぶりくら感謝祭いってきました ... 連休明けまでお休みします >>