実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

第一印象は「くさい犬」

 某ブログで、某ちゃんがおうちに来た日の紆余曲折を読んで思い出しました。

 ダイきちが、うち(正確には実家)に来た日(十何年も前のこと)は忘れもしません。
 
 当時ラブラドールがブームになりつつあって、同時に乱繁殖による股関節形成不全の多発が問題になってました(←後から知った)。ダイきちは、ブームに乗って、子犬のような母犬から生まれた重度の股関節形成不全の犬で、イメージに反したエネルギーをもてあまされて生後半年にして放置されていたところを助け出され、しかし大型犬ゆえに借家住いの大家さんから「こんな大きい犬は困るわ」と言われて、巡り巡ってうちに来たという、典型的なブームの落とし子。

 実家では、1年ほど前から、ペットショップから来たラブのモモさんを飼っていて、「モモも落ち着いてきたし、もう1頭いたらもっと楽しいかも」という私の薔薇色な妄想により、訓練済みの♂の子の譲渡に申込んだのがはずれて、「まあこっちでもいいか」と写真お見合いでうちにやってきました。

 飛行機の貨物に乗って北海道から来るというので、新年早々(年末までに何とかせよと大家さんに言われていたので、本当に新年早々に来た)空港までダンナ(当時はまだダンナではなかったが、よくうちに来て、モモさんには「ほねっこのおじさん」として慕われていた)と自動車で迎えに行ったのですが…。奥からバリケンに入って、なにやら騒がしい犬が出てきまして…。

 バリケンから出した犬は、やたらと肩がムキムキした、イノシシみたいな顔をした、土佐犬のような首輪をつけた犬でした。そして、非常にくさい。
 第一印象は「濃ゆい…」。

 しばし呆然とした後、気を取り直してクルマに載せようとしたら、初対面にも関わらず嬉しそうに後部座席に飛び乗って、楽しそうにずっと窓の外を眺めておりまして、「こいつには不安とかないんかい」とまたまた呆れたのであります。

 注 臭いのは、「北海道で外飼いで真冬なので洗えないのでくさいです」とは聞いてましたけど、さらに飛行機の中で漏らしたのかも。肩がムキムキしていたのは、実は股関節が弱いためほぼ前脚だけで身体を支えているから。土佐犬の首輪は、保護主さんのはなむけの新品だったから。イノシシみたいな顔なのは、英国系のラブはみんなそんな顔なのを知らなかったから(モモさよりダイきちのほうが、ずっと由緒正しい血統なのである。血統だけはね)。車中楽しそうだったのは、実は筋金入りのドライブ好きだったから。そして、初対面の人はみんな自分のことが好きである、という根っからの性善説犬だから。

 私の偽りない感想としては…その時は、なーんも知らないヒトだったので「ラブがタダでもらえる」という甘い考えで、保護した人も犬を飼うのは初めてという人で、お互い無知なままダイきちを貰ったのだけど、今だったらどうだったかなぁ、ということ。

 そしてその後数年間の育犬ノイローゼの時代に突入する予感は…初日から、あった(汗)。そして、その日をきっかけに、我々は、あれよあれよという間に夫婦とその飼犬としての第一歩を踏み出すことになったのであります。

 そしてダンナと語り合う、ダイきちの第一印象は「くさかった」であります。


 あ、ダイきち、齢13歳3カ月にして地元の「わんわんパトロール」に入隊しました。
[PR]

by cuora | 2010-02-27 22:05 | | Comments(14)
Commented by たねこ at 2010-02-28 12:43 x
さすがダイちゃん!
エピソード満載犬ですよね~(^-^)
わんわんパトロールって何?かっこいい!
Commented by えぞっ子 at 2010-02-28 21:37 x
イメージとしては自警団のワンコになるのでしょうか。
パトロールって響きがかっこいいです。
でも、不審な人物に出会っても尻尾をフリフリして愛想良し
になりそう。(^^)
Commented by cuora at 2010-03-01 09:27 x
たねこさん…正直なとこ、もし今度飼うなら、薄い犬がいい(涙)。濃厚すぎるよ。年とってちょうどいいくらいだもん。

えぞっ子さん…小学校のPTAの通学見守り隊?べつに、たすきみたいなのをつけて散歩するだけ。変質者が出たんだって…。不審人物に愛想は、絶対するやろうな。
Commented by 某blogの某ちゃんの母 at 2010-03-01 12:12 x
(≧▽≦)

そっかぁ、オトナになって来たというのは過去にも読んだけど、更にそういう背景があったのねぇ。。。でも、そんなんでも「初対面の人はみんな自分のことが好きである」という前向きポジティブな明るいラブの性格まんまだったのは救いだったね(救いでいいよね?笑)その後にいろいろな事があったにせよ、パトロール隊員にもなって、バラ色の老後だねっ!ねっ!
Commented by cuora at 2010-03-01 17:53 x
某ちゃんの母ちゃん…救いです!と訓練士とかカウンセラーに言われました(笑)。ていうか、ダイきちの最大の美点だと思う(あっ、つい親ばかが…おほほほ)。しかーし、まだまだ油断はできない爺さんなのだった(怒)。回覧板とりにいっている間に、カウンターに手をかけて食べかけのパンを取ろうとしたが取れず、私の新しい木のカウンターちゃんにデカい爪跡がついていたのだ(怒っていいよね!)
Commented by obakappu at 2010-03-02 01:51
うん、うん、うん。
よ~~~~~~~~~~ッくわかるよ。
なんと人生に色をつけてくれていることだろうね。
なんて思い出をたくさん残してくれていることだろうね。
この次また飼うとしたら・・・という反省点、決定打もたくさんくれますよね。
(役に立つかどうかわからないけど。 思ったとおりに出来る自信もないけど)
素直な優しい子だったら、多分もう一頭、いや、もう2頭飼ってしまったのではないかね。 
Commented by cuora at 2010-03-02 09:16 x
ぷーままさん…よーーく分かるでしょ?(笑)。ヤツには色々と鍛えられたよ。モモの前に飼っていたのは最大でも英ポインターで、飼主が力で勝てる犬たちだったから、あんまり深く考えたことなかったし、モモだけだったら、それなりの悪さもしたけど可愛らしいものだったし。まっ、ダイきちがいる限り2頭目は無理。ヤツは他の犬と共存する性格じゃないからね。
Commented by totozfactory at 2010-03-02 23:55
世界は全部ボクの敵というウチのボンより、カチョーのが随分マシです。
という底辺のせめぎあい(え?)はこれくらにして、カチョーには最後まで
濃厚でギトギトでゲバゲバでいてほしい。
さらなる伝説キボンヌ(鬼)。
Commented by ゆっきー+ニッキー+α at 2010-03-03 01:19 x
うちもそんなもんでした。
うちのご隠居も、仮にも女王陛下のサンドリンガムの末裔なのに、しっこまみれの新聞紙が敷かれたバリケンに入ってやってきて、撫でたら手が真っ黒に…(苦笑)
14歳になってようやく人から「落ち着いたね」と言われ、「いや、ヘルニアで思うように動けてないだけで、中身は落ち着いてないから」とは言えません。。。
Commented by munpun at 2010-03-03 14:27
ダイちゃん、わんわんパトロールとは、まだまだ現役ですね!
町の安全はまかせたよ!
しかし、濃厚なダイきちライフですねぇ(笑)
それくらいインパクトあると、ちょっと大人しいくらいの犬では物足りないのでは!?
うちのメンバーで第一印象が強いヤツといったら、やっぱりめっちゃんかな。
なんたって、空から降ってきましたからねぇ(*-ω-)遠い目
Commented by cuora at 2010-03-03 15:12 x
ぱぷりかさん…たもちんとダイきちは、方向性は微妙に違うかもしれんけど、同じニオイがします(体臭ではなくて内面からのニオイのほうね)。課長、たぶん最後の一日までゲバゲバです。

ゆっきー+ニッキー+αさん…14歳で足腰が弱ったために「落ち着いた」と言われる?あるあるある、ラブを作り出した人は、この犬にどれだけのエネルギーを求めていたのか…。ニコラス様も来たときは、体べとべと組みですか?なんというか、出迎え組のなかでビミョーな空気が流れませんでしたか?(笑)
Commented by cuora at 2010-03-03 15:15 x
ティアラ姉さん…ま、見た目だけは、凛々しそうで賢そうやからね。ダンナなどは、人間の子供でも、濃いくらい悪い悪がきが好きみたいだから何とかやってこれたんやと思います。猫のなかでもガビ蔵が「おもろい」と言ってお気に入り。
 ってめっちゃん、空から降ってきたんやったっけ??過去記事発掘しないと!(一瞬「ああやっぱり宇宙から来たんやー」と思ったことは内緒)
Commented by demi_zo at 2010-03-04 16:50
ガウも「くさかった」なぁ〜(遠い目)
だってブリーダーさんちからつれて帰る車の中でいきなりゲリッピー!
耳も悲惨。
速攻病院。
で、、「こんな汚い耳見た事ない」と言われてもうた、、、
おなかの中には虫2種類おるし、、、もう最悪。でも元気だった^^
よくぞココまできたよ。
でも、ガウはたとえ13歳になってもパトロール隊無理やわ/笑
ダイちゃん、すごい!!
Commented by cuora at 2010-03-04 19:36 x
demi zoさん…あら、また一人「来たときくさかった」人が(笑)。「こんな汚い耳は見たことない」とプロに言わせる汚い耳!(ダイの耳も、外耳炎で汚かったが、獣医さんの反応は普通だったので「並み」と思います)。しかも虫を2種類も飼っているとは、タダモノではないな。
 ラブは、パトロールのたすき?さまになるよ!(絵面だけはね)
<< ツメレンゲ ドナドナ >>