実録!迷走日記   シマシマ隊が行く!


犬、猫、カメ、魚、ヤモリ、イモリと大量の鉢植えにかこまれて暮らす毎日の日記です。
by cuora
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
demi zo姉さん…は..
by cuora at 19:52
あら〜。。。 ご無沙汰..
by demi_zo at 21:45
mi-goroさん…オヤ..
by cuora at 09:29
そんなことないですよ。 ..
by mi-goro at 18:47
abogado-suki..
by cuora at 09:11
暑中お見舞い申し上げます..
by abogado-suki at 20:07
mi-goroさん…ほん..
by cuora at 08:37
ほんとに可愛いあどけない..
by mi-goro at 16:25
鍵コメさま…今PCアドレ..
by cuora at 19:31
それもありますね。家では..
by cuora at 10:30
リンク
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ドナドナ

 ウーパーのベビーたちに足が生えてきて、一番可愛い時期になりました。まだ透けてて、でもちゃんとウーパーの形になって、妖精のように可愛い、多分彼らの一生のうち一番の「旬」。作り物みたいに小さいのにちゃんと指まであるかわいい手。

「今だ!」と思って熱帯魚ショップにもって行きました。未練は断ち切り全員!

 このショップでは活きイトミミズを餌にしているので、あっという間に(多分数日で)、旬のうちの更に旬のサイズになると思います。さらに、このショップはかなり地味系でお客さんも大阪でいうところの「濃ゆい」人たち、なので、小中学生などに衝動買いされて、満足な器具もないまま昇天…(←ウパの掲示板でよくある)というようなことになる可能性は低いので、安心して手放すことができます。(小中学生でもちゃんとした人はいますよ、勿論!この店に来るような子供なら大丈夫)

 「勝手に殖やしては、引取ってくださいって、身勝手といえば身勝手だよなぁ」と思いつつ持って行ったけど「いつもありがとうございます」って言われました(笑)。すっかり「イモリの人」と思われてます。

 只今うちの両生類飼育は天中殺という情況なのですが、ちょっと肩の荷がおりました。
[PR]

by cuora | 2010-02-22 16:11 | 両生類 | Comments(8)
Commented by syogun at 2010-02-22 16:44 x
繁殖した稚ウパの里親探しで苦労されてる方の話し良く伺います
(自分ももれなくそのうちの一人^^;)
どこでもイイわけではなく安心してお任せできるショップさんを
きちんと手で探して持ち込みされるのに愛を感じます(T-T
ベビー達がスクスク育つといいですね!
Commented by cuora at 2010-02-22 18:09 x
shogunさん…一回の産卵数が半端じゃないですからね!運よく、全数回収してしまった日には…(ご希望の方に発送するのは気が遠くなるほど大変ですよね)。そのお店なら、確実にうちより上手く成長させます。唸るような立派な個体に仕上げていただけます(笑)。
Commented by kanako at 2010-02-22 21:53 x
cuoraさん、お疲れ様でした。
生物と長年暮らしていると予想外の出来事に戸惑ったり(こんな予定じゃなかった・・・笑)色々ありますよね。
しかし、cuoraさん宅でブクブク生活に終止符なんて寂しいなぁ~。
Commented by cuora at 2010-02-23 08:41 x
kanakoさん…にんげんだもの(笑)色々ありますよね。犬や猫なら、極端な話飼主がホームレスになってもついてきてくれるけど、両爬小動物は環境を提供して可愛い姿を見せていただくって感じなのですよね。無理して続けても生き物の寿命が縮まるだけだし。
 いやーしかし、水槽用の床補強を1カ所しかしなかったって、ぬかってるよね!私。
Commented by えぞっ子 at 2010-02-24 22:05 x
引き取ってもらえるショップがあると心強いですね。
自分もトウキョウやカスミの幼体を引き取ってもらう時は、さすがに
気が引けました。まさに勝手に殖やしておいて・・・の心境です。(^^;
Commented by obakappu at 2010-02-25 00:33
気付いたら、エンゼル♀水槽で産卵!
♂が1匹混じってた。
孵化前に気付いてよかったよー。あわてて掻き落としました。
出かけるときは、餌やりの人を頼み、えさや道具にお金をかけ、世話に時間をかけ、ときどき『この時間があいていたら・・』と考えます。

最初から、オスを2匹、とか言うもらい方をしておけばよかった・・・。

母さまの今のサッパリ感、想像に難くありません。(罪悪感がついてこないそのペットショップ、近くに欲しいです)
Commented by cuora at 2010-02-25 09:51 x
えぞっ子さん…関西では知る人ぞ知る老舗らしいです。今はやりのやたら明るい感じではなくて、私たちが子供の頃の熱帯魚店のイメージそのままですよ。魚や両生類は、1回に数百匹殖えて、しかも飼育下ではほぼそのまま育つので、どれくらい孵化させるかどうか悩みどころですよね。

ぷーままさん…ぎょーっ危惧していたことが現実に(笑)。多産友の会会員(えぞっ子さんもね)のぷーままさんなら、この寂しいけどサッパリ感、分かりますよね?ぷーままさんの感慨に激しく同感(爆笑)。昔のウパの写真を整理していたら、最初1匹だけでゆったり飼っていたときの写真が出てきました。あの頃は、まだ「眺めて楽しむ」余裕があった。
Commented by munpun at 2010-03-03 14:23
さみしくなっちゃうけど、またいつか飼育してください(TωT)
おかげさまで、マボちゃんもブルちゃんも元気に過ごしていますよ♪
先日ユウパコさんが遊びにいらしたので、間接的?だけど親戚対面もしましたし^^
この冬、マボちゃんは初めて精包を出しました。
なかなか繁殖には踏みきれないけど、機会があったら挑戦してみたいです。
その時はいろいろご教授願いますね^^
<< 第一印象は「くさい犬」 シンボルツリーようやく決まる >>